顔汗が大量に出る時に制汗剤で汗線を塞いでもいいの?

顔汗が大量に出る時に制汗剤で汗線を塞いでもいいの?

顔汗が大量に出る時に制汗剤で汗線を塞いでもいいの?

顔汗が大量に出る夏場になるとコンビニやドラッグストアで購入できる制汗剤を利用される方も多いと思います。基本的に市販で売られている制汗剤は汗を抑える、もしくは殺菌するタイプがあり「汗腺を塞ぐ、汗腺に蓋をする」作用をもっています。では汗腺を塞いでしまってもカラダに影響はないのでしょうか?

汗腺を塞ぐことで肌トラブルに繋がることも

制汗剤で販売されている「汗腺を塞ぐ、汗腺に蓋をする」作用によって、汗が普段から少ない人は効果は感じれるかもしれませんが、汗の量が多い方の場合、汗が漏れ出してしまう上、かゆみや黒ずみなどの肌トラブルを招く可能性があります。

また臭いに関しても、そもそも汗の分泌を抑えられることが出来れば、汗は蒸発しやすくなり細菌が繁殖するということは防げるかもしれません。しかし汗腺に蓋をした場合、ビニールハウスの中にいる状態と同じで湿気と湿度が上昇することで毛穴の中で細菌が繁殖しやすい状態になる可能性もあります。

これらのことから汗腺を塞ぐことにより、一時的には効果があるように感じるかもしれませんが、肌トラブルや毛穴の中で細菌の繁殖することにより、ますます臭くなるという悪循環を生む可能性がありますので、特に汗の量が多い方は注意しましょう。

汗腺を塞いだ場合の汗の行く末とは?

汗腺を塞いだ場合、行き場をなくした汗は他の部位から汗が出るようになります。これを「代償性発汗」といいます。汗の目的は体温調節のためです。代償性発汗によって他の部位で発汗出来れば問題ありません。

しかし、代償性発汗がうまくいかない場合もあり、汗腺を塞いでも溢れ出したり、体温調節が出来なくなる可能性があります。また特に汗の量が多い人は代償性発汗によって手のひらや足の裏などに大量に汗をかき日常生活に支障をきたす場合もあります。

ただこれは制汗剤だけではなく、多汗症の治療により病院で手術する際にも起こり得る症状です。制汗剤を選ぶ際は、どんなタイプが自分に合うのか見極めるようにし、汗とうまく付き合っていきましょう。

顔汗の場合は、制汗剤の種類に気をつけて

これまでご紹介した制汗剤ですが、顔汗で使う際は注意が必要です。よく市販で販売されている制汗剤の中でもボディ用は肌荒れに繋がるので顔には使用しないようにしましょう。

また顔にも使用可能な制汗剤の場合でも、汗腺に蓋をする(毛穴を塞ぐ)タイプだとニキビや黒ずみの原因にもなる可能性があるので、肌の状態と相談しながら使うようにしましょう。