顔汗がひどい理由とは?それって病気?

顔汗がひどい理由とは?それって病気?

顔汗がひどい理由とは?それって病気?

顔汗がひどい理由はなんでしょうか。滝のように流れる顔汗を止めたくて、冷やしたりツボ押しを試してみたりしたけど中々治らない、また暑い夏場だけではなく季節関係なく年中顔汗に悩んでいる方、もしかしたら病気の可能性もあるかもしれません。
ここでは、顔汗で悩まれている方に向けて可能性のある病気をご紹介します。

多汗症

顔汗がひどいと悩んでいる方にとって、耳にされる方も多いのではないでしょうか。多汗症とは、顔だけではなく、手や足などに汗が増加する症状のことを言います。

多汗症の中には、全身に汗が増加する「全身性多汗症」とカラダの一部に汗が増える「局所多汗症」があります。

さらには、全身性多汗症・局所多汗症とも人により症状の差は違い、例えば手だけの局所多汗症の場合、じわっと汗が続き定期的にハンカチなどで拭けば問題なく生活を遅れる人もいれば、都度手をハンカチで拭くとハンカチが絞れるぐらい汗が出てしまい、日常生活に大きく支障きたす方もいます。

多汗症の原因とは?

全身性多汗症・局所多汗症とも、原因は原発性、感染症、内分泌代謝異常や神経疾患など特に原因が特定されるものはありません。原発性局所多汗症の患者さんの割合も人口の約5.3%と決して少ない割合ではないことがわかります。しかしまだはっきりとしたことがわかっていないことも実情です。

自律神経失調症

こちらも多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れてしまうことで様々な症状が現れることです。

自律神経とは、無意識に働いてくれる神経なので、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどカラダに負荷がかかってしまうことによって、疲労やめまい、息切れだけではなく、顔などから汗が異常に出るなど症状が引き起こされます。

顔汗の原因が分からないと言われる場合、自律神経失調症の可能性が高いともいわれます。

甲状腺機能亢進症による顔汗

歌手の絢香さんも患っていたことで話題にもなった「バセドウ病」の意味でも使われています。バセドウ病は100人に1人の割合でみられる病気で、決して稀なものではありません。

甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進(高い度合いまで進む)することで、暑がりになり、カラダ全体に汗を多くかくようになります

それだけではなく、疲れやすくなったり、動機が激しくなったりとバセドウ病で悩まれている方は、「まるでフルマラソンを走っているようだ」という話も聞きます。

更年期障害

一般的には45~55歳を更年期と言われる期間であり、その期になるとイライラしたりカラダが重いなどの不調に加え、顔のほてりや顔から大量に発汗する「ホットフラッシュ」という症状も引き起こす可能性があります。

原因としては、8~9歳頃から分泌される女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が年齢の衰えとともに徐々に現象するからと言われています。

ただし、初潮の時期が人によって違うように更年期の時期も人によって異なるので、最近イライラしやすいな、カラダが重いな、汗が出やすいなと思ったら気にしてみられた方がいいかもしれません。

また、更年期障害は女性だけではなく、男性にもある症状なので注意してみてください。

糖尿病神経障害

感覚神経・運動神経と自律神経をつかさどる末梢神経。この末梢神経が、糖尿病の高血糖が続くことで余分なブドウ糖によってダメージを与えられることを「糖尿病神経障害」といいます。

糖尿病神経障害の場合の顔汗の症状は、主に初期と言われ、冬でも顔や頭に大量に汗をかいたり、反対に暑いのに全く汗が出なかったりと汗の症状でも様々です。

まとめ

ここでは、顔汗がひどいと悩んでいる方に向けて、可能性のある病気の症状をご紹介しました。顔の汗にも色んな病気が隠れているかもしれませんので、ここでご紹介した症状に該当される方は、早めに医療機関に相談されることをおすすめします。

ワキや足と違い、顔は普段隠せず、人の目に触れる場所だからこそ、より悩まれる方も多い顔汗。病気も治したいけど、顔汗も早く抑えたい方は制汗クリームもおすすめですよ。