顔汗を抑えるにはミョウバンは効果ある?

顔汗を抑えるにはミョウバンは効果ある?

顔汗を抑えるにはミョウバンは効果ある?

顔汗を抑えるためにミョウバンは効果的なのでしょうか?天然のデオドラント剤として注目をあびている「ミョウバン」。そのミョウバンを薄めて作ったミョウバン水が顔汗にも良いと言われています。実際はどうなのかご紹介します。

顔汗にミョウバンは効果ある?

殺菌・菌の発生を抑え消臭

汗は通常、蒸発して体温を調節していますが、汗を大量にかくと蒸発しづらくなり、汗が皮膚にたまりやすくなります。そこに皮脂も混ざり、皮膚表面はアルカリ性に傾きやすくなります。そうしたアルカリ性は菌の大好物!菌の増殖のもととなります。

反してミョウバンは酸性なので、ミョウバン水にして汗が出ている皮膚に馴染ませると、殺菌してくれるだけではなく、アルカリ性に傾きづらくなるので菌の発生も抑えてくれます

さらに皮膚の表面が酸性になることで臭いを中和させ消臭効果にも有効です。

収れん・制汗

ミョウバン水を肌につけることで血管や肌組織の引き締しまり、汗腺から汗を抑えることが出来ます。ただし、実際のところメカニズムは解明されていないと言われています。

ミョウバン水は顔に塗っても大丈夫?

もともとミョウバンは食品添加物。口に入れても大丈夫なものなので、顔に塗っても問題ありません。ただ、ミョウバンが肌に合わない方もいるので、まずは薄めたミョウバン水から使っていくようにしましょう。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンは、60~70gで100円程と価格が安くスーパーや薬局で手軽に入手出来るので顔汗対策にかなり費用を抑えられ便利です。

またミョウバンには、生ミョウバンと焼きミョウバンの2種類があります。使用する際はどちらでもいいですが、ミョウバン水を作る際は、生ミョウバンの方が生焼きミョウバンより1.5倍多く量が必要となります。ただ、溶かす時に生ミョウバンの方が早く溶けますので、急ぎの場合は、生ミョウバンの方がいいかもしれません。

用意するもの
  • 水(水道水でも可)…1.5L
  • 焼きミョウバン…50g
  • ペットボトル…1.5Lサイズ以上を1つ
ミョウバン水の作り方
  1. ペットポトルにミョウバンを50g入れます。
  2. ペットポトルに水道水を1.5L入れます。
  3. キャップをしめてシャカシャカよく振って混ぜます。
    中々ミョウバンは溶けませんが、少し残っていても大丈夫。
  4. そのまま直射日光があたらない冷暗所で1~3日ほどにおいて置きます。
    やがてミョウバンが水に溶けて、透明な液になりますが、中には透明にならない場合もあります。しかしじっくり待てば透明になるので、焦らず待ちましょう。

肌に使う場合はこの原液を水で20~50倍に薄めて使いましょう!薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保管し、1週間ほどで使い切るようにしてください。