顔汗で臭いと思われていない?気になる顔臭について

顔汗で臭いと思われていない?気になる顔臭について

顔汗で臭いと思われていない?気になる顔臭について

顔汗の臭いが気になる方も多いのではないでしょうか?実は出たばかりの汗は無臭なんです。汗をかいたときのイヤな臭いの原因は、汗や顔の汚れ・皮脂などをエサにした細菌と汗腺の働きの悪さにより臭いに影響することも。

顔汗の臭いは細菌が原因!?

汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類あります。エクリン腺は、身体中にあり、基本的には体温調節をおこなうために出す汗腺で無味無臭です。

一方、アポクリン腺は特にワキなど限られたところに多くあり、脂質やタンパク質を多く含んでいるので臭いのもととなる成分も含んでいます。

そのため顔汗は、エクリン腺が主なので、基本的顔汗をかいても臭いはしません。ではなぜ顔汗で臭いが気になるのでしょうか。実は、その理由は「細菌」。
汗だけであれば無臭なのですが、そこに皮脂や皮膚に残った垢なのが混ざり合うことで、菌が酸化し、におい分質が発生し、臭くなります
「たまにすっぱい臭いがするな」「なんか汗かいたところを触るとぞうきんのような臭いがする」などは、この細菌が原因で臭うのです。

臭いが気になる緊張汗とは?

そもそも汗をかくきっかけの多くが体温調節による「温熱性発汗」です。それ以外でも緊張時の「精神性発汗」や辛い物を食べた時の「味覚性発汗」。これらは3種類には、エクリン腺・アポクリン腺の関係性が異なるため、汗によって臭いが出るもの出ないものがあります。

その中でも精神性発汗は、いわゆる「緊張汗」とも言われています。名前の通り、緊張や焦り・不安・驚き・ストレスなど精神的なことがきっかけによって起こる発汗です。基本的に緊張汗が出る場所は、顔や手・足のうら・ワキなど限られた場所に汗をかきます。

また緊張汗の汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類が関係しているため、臭いを発するアポクリン腺の影響で強い臭いを感じる場合があります

緊張汗はメカニズムがはっきりしていないところもありますが、緊張汗を人に見られることでさらに緊張汗をかいてしまうという負のスパイラルになる場合もあります。
もちろん自律神経のバランスを整える対策をとるようにしてほしいですが、中々すぐうまくいかないですよね。
「これから会議だから汗かいてしまわないか不安」「なるだけ早く抑えたい」って方におすすめなのが顔汗用の制汗クリーム。
「汗をかかないようにしないと」と考え過ぎると特に緊張汗の場合は、余計に出る可能性もあるので、制汗クリームなどを使いながら、顔汗とうまく付き合っていってほしいですね。

汗が出るきっかけの3種類を紹介

温熱性発汗

特徴
暑い時はカラダを動かした時などで体温が上昇した際にその体温を下げるための発汗
汗腺の種類
エクリン腺
汗の臭い
無臭※発汗直後の場合

精神性発汗

特徴
会議やプレゼン・商談などでの緊張や驚いた時など精神的な刺激にともなってでる発汗
汗腺の種類
エクリン腺・アポクリン腺
汗の臭い
臭う場合がある※発汗直後の場合

味覚性発汗

特徴
カレーやキムチなど辛い食べ物を食べた時に味覚の刺激によって起こる発汗
汗腺の種類
エクリン腺
汗の臭い
無臭※発汗直後の場合

日常生活でどんなことに気をつけたらいい?

食生活を見直そう!

先程、顔汗は皮脂や皮膚に残った垢などが混ざり合うことで、菌が酸化し、におい分質が発生し、臭くなるとお伝えしたように、汗と臭いには、「皮脂」が多く関係しています。
お肉や乳製品に多く含まれている「動物性脂肪」は、皮脂の分泌が多くなるため、それだけ臭いのリスクがぐっとあがります。コンビニやファーストフードの普及により、日頃から油っぽいものや甘いデザートなど簡単に手に取りやすくなりました。
もちろん一切食べたらいけないというわけではなく、大事なのは「バランスを考えた食生活」。野菜などと一緒に栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

ストレスを軽減!適度にリフレッシュを

人間関係や仕事だけではなく、家庭環境などプライベートでも起こりやすい「ストレス」。このストレスも臭いに大きく影響してきます。日々の仕事量や人間関係などで緊張状態が続くことで、カラダのバランスを崩れがちになることで皮脂量が増える原因となります。
さらには、このストレスによって「精神性発汗」に繋がる可能性もあります。

ストレスフリーはこの現代では難しいかもしれませんが、散歩したり、深呼吸したりと定期的にリフレッシュできる環境をつくるようにしましょう。