顔汗は病院で治る?どんな治療があるの?

顔汗は病院で治る?どんな治療があるの?

顔汗は病院で治る?どんな治療があるの?

顔汗がひどいと悩んでいる方に多いのが「多汗症」ではないでしょうか?多汗症と聞くと手や足を想像される方もいると思いますが、「顔面多汗症」というものもあります。そうした多汗症の治療の一つに手術があります。ここでは顔汗を止める手術についてご紹介します。

手術で顔汗は治せる?

顔汗を病院で治したい場合、基本的に多汗症外来を受け付けている皮膚科や神経内科などで受診できます。そこで治療したい場合、「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)」という手術の選択が出来ます。

胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)とは、発汗の指令を出している交感神経を遮断する手術です。元々手の汗を止めるための手術ですが、交感神経を切断することにより、手だけではなく、顔や首筋、ワキの下の汗も減少するので、顔面多汗症にも用いられています。

また効果も高く、手術後すぐに汗が出なくなる可能性もあります。手術自体も3mm程度の傷が入るぐらいで、手術時間は約20分ぐらい、麻酔も含めて約1時間ほどで終わるので、日帰りでも帰ることができます。

胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)のデメリット

元々汗は、体温を調節するために備わっています。そのため手術により、ある場所からの発汗を止めると、もちろん個人差はありますが、胸や太ももの裏、背中など別の場所で発汗が増える可能性があります。

これを「代償性発汗」と言います。基本的に手術後ほとんどのケースで見られるため、このリスクを踏まえて手術に臨んでほしいと思います。
ただし、この代償性発汗は症状の軽い人もいれば、多く汗をかいてしまう人もいるなど一人ひとり程度が異なるため、しっかり医師とご相談ください。

プロパンテリン(薬)

顔面多汗症の場合、プロパンテリンという薬を服用して治療する場合もあります。服用することによって、神経伝達分質のアセチルコリンの働きを抑えることで副交感神経の刺激を弱め、顔面多汗症の治療に効果的です。

病院で処方する場合、保険適用可能ですが、この商品はネットでも購入できるため、その際は当然保険は適用できません。

緑内障や前立腺肥大で排尿しにくい人、腸に閉塞がある人は使用できません。その他持病やアレルギーをお持ちの方は一度医師に相談の上使用してください。

イオントフォレーシス

顔面多汗症の方で手や足にも汗を多くかいて困っている方に向けた治療法の一つです。この治療は汗が出る手や足を水に浸した状態で、そこに弱い電流を流すという方法です。
電気分解されることで発生する水素イオンによって汗腺をブロックし、汗を抑える効果があります。

弱い電流とはいえ、少しピリピリした刺激があるので、カラダに金属が入っている方や小さな子どもなどにはおすすめできません。

効果に関しては、個人差があり、持続性もあまり期待できないので複数回やっても効果が見られない場合は、やめた方がいいかもしれません。

まずは制汗クリームから始めてみませんか

これまでご紹介したように顔汗でお悩みの方にとって「手術」も一つの選択肢です。ただし、手術は「代償性発汗」のデメリットもあるので、今後の日常生活を考えて、手術を選ぶべきかはじっくり考えてほしいと思います。

そんな方こそ、手術の前に顔汗用の制汗クリームから始めてみませんか。
顔汗用の制汗クリームは、制汗剤とは違い汗の臭いや清涼感を求めるものではなく、汗の流出をうまくコントロールしてくれる商品です。
そのため、かきやすい汗を抑えたい方にとっては効果が期待できます。

カラダの内側から体質を改善する漢方薬やサプリメントもおすすめ!制汗クリームとは違い、効果が出るまでは時間がかかりますが、じっくり改善へと導いてくれるので、制汗クリームとセットで使用するものいいと思います!